古戦場 大野川の滑瀬 武家屋敷 Vol.8 岡城跡 天空の城 九州竹田城 20170328

古戦場 大野川の滑瀬 武家屋敷 岡城跡 天空の城 九州竹田城 ドローン空撮 4K写真 Vol.8

天正14年(1586年)に起きた、大友氏と島津氏が九州の覇権をかけて戦った最後の戦争「豊薩合戦」の古戦場の一つ滑瀬(ぬめりぜ)の、武家屋敷跡の写真です。

豊薩合戦で岡城の守備隊は、ここで島津義弘の軍を迎え撃ち守り抜きました。最終的に豊臣秀吉の送った大軍勢を前に、島津軍は敗北し撤退しましたが、戸次川(べつきがわ)での戦いでは秀吉の送った先遣隊の仙石秀久や長宗我部信親(ちょうそかべ のぶちか)を島津家久が打ち破り、大友氏の中枢の府内城を落とすなど、大友・豊臣の軍勢をとても苦しめたそうです。この合戦では、大友氏の有能な将が数多く討ち死にしたそうです。

戦国時代が終わり、中川氏の治める江戸時代になると、滑瀬には武家屋敷が並び賑やかな城下の姿と変わりました。

↓クリックで画像を拡大できます。

古戦場 大野川の滑瀬 武家屋敷 岡城跡 天空の城 九州竹田城 ドローン空撮 4K写真 Vol.8

古戦場 大野川の滑瀬 武家屋敷 岡城跡 天空の城 九州竹田城 ドローン空撮 4K写真 Vol.8



古戦場 大野川の滑瀬 地図


広告

関連記事

広告

Youtube

岡城.com チャンネル
チャンネル登録をお願いいたします。
Please subscribe to my channel!

広告

ページ上部へ戻る