古戦場 大野川の滑瀬 武家屋敷の石垣 岡城跡 天空の城 九州竹田城 ドローン空撮 4K写真 Vol.3 2017/03/28

九州の天空の城と言われる岡城跡(別名:九州竹田城)の、真下に流れる大野川の古戦場 滑瀬(ぬめりぜ)のドローン空撮4K写真です。

川岸には、江戸時代に作られた武家屋敷の石垣が今も残っています。

ここ、「滑瀬」では、天正14年(西暦1586年)に、九州の覇権を争う大友氏(大友宗麟・義統)と島津氏(島津義久)の、島津義弘の軍が、岡城の城下を舞台に戦いを繰り広げました。

当時、主家の大友氏は、拠点の府内城まで落城するなど、苦戦を強いられました。その中で、大友氏の家臣の志賀親次は、数にまさる島津義弘の軍を相手に戦い、岡城を守り抜いたと言われています。

織田信長の調停した和平が破られ始まった、大友と島津の戦いは、その後、豊臣秀吉が送った大軍勢により、島津が敗走し終結しました。

九州の桜の名所、岡城の古戦場「大野川の滑瀬」
ぜひ、ごらんください。

↓クリックで画像を拡大できます。

古戦場 大野川の滑瀬 武家屋敷の石垣 岡城跡 天空の城 九州竹田城 ドローン空撮 4K写真 Vol.3 2017/03/28

古戦場 大野川の滑瀬 武家屋敷の石垣 岡城跡 天空の城 九州竹田城 ドローン空撮 4K写真 Vol.3 2017/03/28

武家屋敷跡

江戸時代、ここ滑瀬に岡藩の家臣が住む武家屋敷がありました。

川には滑瀬橋がかけられ、南側から登城する人々が往来していたそうです。有事(戦争)の際には橋は落とされ、滑瀬は天然の掘りとして岡城を守りました。


岡城跡 廣瀬神社付近 ホテルつちや


古戦場 大野川の滑瀬 地図


広告

関連記事

広告

Youtube

岡城.com チャンネル
チャンネル登録をお願いいたします。
Please subscribe to my channel!

広告

ページ上部へ戻る